登山


愛知県新城市にある鞍掛山へ登山と、その山のふもとにある四ツ谷千枚田の見物をしてきました。
5月16日と中旬ですが、既に田植えは終わっていました。


車で名古屋から行きました。猿投グリーンロードを使って豊田市方面へ、そこからは下道で足助をぬけて設楽方面へ行きました。コンビニなどの買い物は足助あたりが最後のようですので注意してください。


登山ルート


仏坂峠ルートで登り、下山にはかしやげ峠ルートを使い、棚田を上から眺めつつ仏坂峠ルートの駐車場へ戻りました。
全体的に登山者のひと気が少ない山のようで、落ち葉や熊笹、太い木が倒れかけていたりとルートの印がなかったら迷子かと思うようなルートでした。初めての登山には向いていません。
眺望もほとんど良くありませんが、全体的に木々が多く、いかにも山を登っているって感じを味わえます。
初めてユウレイソウ(ギンリョウソウ)という腐生植物ってのを見かけました。幻想的なほど真っ白で綺麗でした。


狭い登山道

ユウレイソウ

山頂



コース詳細


入山してすぐになかなかの斜面が続きます。宇連山への分岐を抜けて少しすれば峰づたいになりしばらく楽になります。標高771m地点手前でまた斜面が強くなります。ゆっくり目のペースでしたが771m地点で1.5時間ほど経過していました。その後少し下ってからゆるゆると進み、最高到達点の888m手前でまた斜面が強くなります。888m地点でスタートから2.5時間ほどたっていました。
そこから30分ほど、スタートから3時間ほどで山頂へつきます。
山頂は木のテーブルなどがいくつかありご飯をとるには良さそうでした。ただし展望が開けていません。と言うか総じて鞍掛山登山は展望が開けません。

山頂から反対側へ行くルートが見えますが、それはかしやげ峠へ行くルートではありませんので注意してください。かしやげ峠へは山頂に向かって来た道を少し引き返し、看板がでているところを右へいきます(この時、看板が仏坂峠と指しているのが四谷千枚田のかしやげ峠方面で看板が間違ってます。誰かが油性ペンで修正してくれていました。)
かしやげ峠ルートは非常に単調で、仏坂峠ルートに比べてだいぶ難易度が落ちるようです。山頂から1.5時間で下山しました。


トイレについて


山中にトイレはありません。仏坂峠の駐車場には仮設トイレがありましたが…、これは男なら使わないでしょうってレベルでした。千枚田を抜けて仏坂峠へ行く途中に、看板がありその先にあるトイレが綺麗でおすすめです。看板の近くにはこの先行き止まりとありますが、その行き止まりあたりにトイレがあります。またここから棚田を上から眺められるスポットになっています(最終的にかしやげ峠ルートから、仏坂峠の駐車場へ向かう時にここを通ります)


仏坂峠駐車場の仮設トイレ

四谷千枚田の上にあるトイレ

トイレはこの先